四国中央医療福祉総合学院

医療・福祉のプロフェッショナルになる!!

募集要項

学科名修業年限定員対象
理学療法士科 昼間3年 40名 男女
作業療法士科 昼間3年 40名 男女

学校概要

所在地〒799-0422 
愛媛県四国中央市中之庄町1684-10
TEL0896-24-1000
FAX0896-24-1007
EMAILinfo@rwf.ac.jp

四国中央医療福祉総合学院の特色

教育方針

将来を見据えた人材育成

四国中央医療福祉総合学院は医療や福祉を必要とする人々に信頼され、安心感を与え、満足してもらえるような専門職を育てていきます。そして、各専門分野においてリーダーとして期待される、質の高い人材を育成いたします。

即戦力として期待される人材育成

四国中央医療福祉総合学院では、大学や第一線の病院で活躍している経験豊かな講師陣が、基礎的な知識や技術のみならず、臨床の現場に即したノウハウを取り入れながら教育にあたります。
また、研究、教育の分野で活躍している先生方を招き、最新の情報も学んで頂きます。

自由な発想と責任感を併せ持つ心豊かなエキスパートの育成

四国中央医療福祉総合学院では、在学中より専門性と職域間での協働性を学んで頂くことで、視野の広い人材を育成します。
体験授業の重視、ボランティア活動の促進、地域社会との交流授業などを通じて、自由な発想と責任感を持った人材を育成します。

四国中央医療福祉総合学院代表挨拶

President’s Message

西山 直志

「チーム医療」の現場で活躍できる高い実践力を持つプロを育てています。

超高齢化社会を迎えた現在、それを取り巻く社会構造の変化とともに医療や福祉の分野も大きく変貌してきています。

すなわち疾病構造も大きく変化し、癌、心疾患の増加や高齢化に伴う脳血管障害の増加、あるいは生活習慣病からくる廃用症候群、そして認知症の増加などの対応に迫られています。

福祉分野においても介護保険制度導入後も、高齢化に伴って医療と福祉が一体となったシームレスな連携が重要となっています。

このような状況の中にあって、リハビリ、看護、介護を担うエキスパートや社会、精神保健福祉士が果たす役割とパラメディカルの緊密な連携が今後とも一層大切となっています。

このたび本学院は愛媛県との協議により伝統ある県立看護専門学校が移譲されることとなり、平成26年4月に新たに開校することとなりました。

私どもRWFグループは看護学科を増設し、いっそう充実したチームワークを重視した教育を行い、現状に対応できるエキスパートを育成し、患者様の幸せに貢献出来ることを切に願っております。

紹介

学校紹介ムービー

四国中央医療福祉総合学院 学校の雰囲気を撮影してみました。 学校に入ると、4階まで吹き抜けの開放的なエントランスに、赤い手すりが印象的な螺旋階段。1つの学科だけではなく、全日制で4学科もあるので、色々な学科の学生・先生と交流できます。お昼休みにはAVENIRでランチタイムを楽しもう!!

引用:四国中央医療福祉総合学院ホームページ

資料請求はこちら

    必須お名前(フルネーム)
    必須メールアドレス
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    任意ご質問がありましたら、ご記入ください。