札幌リハビリテーション専門学校

心と身体を元気にしていく

リハビリテーションの専門家を

育成する。

募集要項

学科名修業年限定員対象
理学療法士科 昼間4年 40名 男女
作業療法士科 昼間4年 40名 男女

学校概要

所在地〒060-0004
札幌市中央区北4条西19丁目1-3
TEL011-616-2221

札幌リハビリテーション専門学校の特色

理学療法士科

身体の動きを助けたり、つらい痛みを軽くしたり。
機能を回復させていく技術を時間をかけて習得します。

“人としての資質”を高める「ソーシャルスキル」
という科目に力を入れています。

患者さんの思いを理解したり、気持ちが前向きになるようサポートするために必要になるのが人間性。
医療人・社会人として必要なコミュニケーション力をともに身につけます。

チーム医療の場で求められるスキルを身につけるとともに、
長期にわたる臨床実習を通して、実際の現場感覚を磨く。

学びのポイント!
グループワークや発表形式のアクティブラーニングを多く取り入れ、学生が主体的に授業に参加すること促しています。同時に自ら調べ、互いの意見を交わし合うなかで、チーム医療の場で必要になる、協働して治療を進めるためのスキルを身につけます。また、1年次から病院などで5日間の臨床見学実習を行い、早期から医療現場に触れます。そして2週間にわたって実際に検査を体験する2年次の臨床検査実習を経て、3年次に5週間、4年次には延べ14週間にわたる臨床実習を設定。より多くの患者さんと実際に関わる中で、現場感覚を磨いていきます。3次元での動作解析が可能な機器や、動作改善を目的に使用される圧測定とビデオを連動させて解析できる装置など、最先端の設備も導入し、充実した教育環境を整えています。

作業療法士科

楽しい時間を増やしたり、できる喜びを支えたり。
心身を元気にするリハビリテーションを身につけます。

4年間の学びを経て、いつまでも支え合える
仲間・先輩・先生とのつながりが生まれます。

「こんな研修に参加しました」といった報告から、「スキルアップのために転職したい」という相談まで、卒業生がたびたび学校を訪ねてきています。

1年時から見学実習がスタート。
常に医療現場に根差した教育を行い、
早い段階から就業意識を高め即戦力を身につける。

学びのポイント!
“対象となる方を中心に考えられる作業療法士”の育成を目指し、1年次から演習授業を導入。常に医療現場に根差した教育を心がけ、即戦力として活躍できる能力を身につけていきます。課題に対して主体的に学ぶとともに、頭で考えるだけでなく、他の学生とコミュニケーションを図り、自分とは違う考えにも触れながら知識を共有していくグループワークを実践。2017年からは1年次より臨床見学実習をスタートし、早期から職業意識を高めていくほか、2年次では就労支援や障がいのある幼児・児童・生徒を支援する特別支援の施設などで体験を行う地域作業療法学実習を実施。また、理学療法士科も併設しているため、お互いの専門性を理解するとともに、チーム医療の一員として活躍するための基礎を育てています。

札幌リハビリテーション専門学校代表挨拶

President’s Message

紹介

学校紹介ムービー

2017.07.30に行われた、札幌リハビリテーション専門学校オープンキャンパスの様子です!

引用:札幌リハビリテーション専門学校ホームページ

資料請求はこちら

    必須お名前(フルネーム)
    必須メールアドレス
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    任意ご質問がありましたら、ご記入ください。